健康管理の新しい形!高齢者向け冷凍宅配弁当の選び方

昨今、静かな広がりをみせる冷凍宅配弁当。食生活をサポートする便利なサービスとして特に高齢者や高齢者を養う家族から注目されています。そこで今回は高齢者向け冷凍宅配弁当の利用が初めての方のために選び方を解説してみましたので、高齢者向け冷凍宅配弁当が気になっている方は是非参考にしてみてください。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

高齢者の食事で配慮しておきたいこととは?

高齢者になると、食事にも十分な配慮が必要になります。年齢を重ねると次第に味覚も変化して、比較的淡白なものを好む傾向にあります。食も細くなりますし、かたいものや食べにくいものなどを避けて自分の好きなものだけを食べることも多くなります。特に一人暮らしの高齢者はパンや麺類などで簡単に食事を済ませてしまいがちなので、栄養バランスに注意が必要です。健康的な毎日のためには、しっかりとバランスのとれた食事を摂ることが基本です。また高齢者には、なるべく噛みやすく口当たりの良い献立を心がけることも大切です。

体力的な衰え 噛む力の低下

噛む力が低下している場合には細く刻んだり、やわらかく煮込んだりといった工夫をする介護食を取り入れる必要があります。さらに、高齢になると身体の機能が衰え、ものを飲み込むことが難しくなる「嚥下障害」を起こすことがあるため注意してください。嚥下障害を起こすと食事中にむせることが多くなるなどして、食事が楽しくなくなりストレスに感じることもあります。高齢者が食べる意欲を失ってしまうと、栄養不足や体力低下が心配されます。このように高齢者の食事は健康的な毎日を過ごすためにも非常に重要です。

毎食、安全に美味しくがポイント

高齢者向け冷凍宅配弁当は、安全に美味しく食べられる栄養バランスのとれた食事ということがポイントになります。特に食べることに興味をなくしていく高齢者も多いため、毎日の食事を楽しみに感じてもらうことが大きな課題と言えます。高齢者と同居している場合には、なるべく家族全員で食事をするようにして食事を団欒の時間にし、楽しい雰囲気の中で食事ができるように心がけるのが良い方法です。しかし、高齢者と住居が離れている場合には毎日十分な食事のサポートを行うのは難しいでしょう。食材の買い出しや調理も高齢者には次第に負担になっていくことからも、遠方の高齢者の食事のサポートには高齢者用の冷凍弁当の利用がおすすめなのです。

高齢者向け冷凍宅配弁当とは



高齢者向け冷凍宅配弁当とは、高齢者に合わせた味付けや献立の冷凍弁当が自宅に届くサービスです。一食分の主食や副菜がバランスよくセットになっているので、レンジであたためるだけで手軽に食べることができます。高齢者向け冷凍宅配弁当は栄養バランスやカロリー、塩分などがコントロールされているので健康管理に最適です。塩分や油分などの食事制限がある高齢者に対応した弁当を用意できる業者や、やわらかく飲み込みやすいように工夫されたお弁当を取り扱っている業者もあります。安全な食材を使用し、味付けも高齢者が好む味になっているので美味しく食べられます。



高齢者向け冷凍宅配弁当を取り扱っている業者は多数ありますが、選び方のポイントは味・メニュー・栄養バランス・価格・対応力の5点です。まず美味しくなければ食べてもらえませんので、高齢者が喜んで食べてくれるような美味しいお弁当であることが求められます。メニューのレパートリーも和食・洋食・中華といろんな献立を味わうことができると飽きがこないので重要です。次に栄養バランスは、魚・肉・野菜などがまんべんなく使用されているかをチェックしてください。費用については高すぎると継続することが難しいので、弁当の内容や送料無料などのサービスも考慮して、いくつかの業者の価格を比較検討するのが良いです。さらに高齢者に合わせて、やわらかめの食事や塩分控えめ、油分控えめなどの食事制限に対応できる業者を選ぶと安心です。

冷凍宅配弁当で高齢者の健康をサポート

高齢者の食事は、いつまでも若い時のままというわけにはいきません。味の好みも変わりますし、食べる量も減っていくのが一般的です。食事制限が必要になるケースもあり、健康的な毎日のためにも食事への配慮が必要になります。遠方で暮らしている高齢者の食事には冷凍宅配弁当がオススメです。買い物の負担もなく、いつでも栄養バランスのとれた安全で美味しい弁当を食べることができます。