土用丑の日はこれで決まり!通販でおすすめの「冷凍 蒲焼」を紹介

土用丑の日にぴったり!通販で美味しい冷凍蒲焼をご紹介します。ウナギ名産地から選りすぐりの蒲焼をピックアップしていますので是非参考にしてみてください。

伊勢神宮外宮奉納 三河一色産 蒲焼き2尾入り


うなぎのしろむらより三河一色産活うなぎを使用した極上の蒲焼。愛知一色産より厳選された活うなぎを一匹一匹丹精込めて焼き極上の味に仕上げました。

しろむら蒲焼は伊勢神宮外宮奉納うなぎとして、毎年奉納されています。

活うなぎとは?

活うなぎは調理するまでに生きていたうなぎのことです。市販されている輸入物の蒲焼は、さばいて蒲焼にしたものが一般的多いと言われています。

愛知一色産の安心の国産活うなぎ使用しており、より新鮮な味を楽しむことができます。

新鮮なうなぎ、タレ、焼き方すべてにこだわったしろむらの蒲焼は、お子様からお年寄りまですべての世代の方におすすめの一品です。

炭火で焼き上げられた蒲焼の「ふわパリ」食感と安心で新鮮なうなぎから溢れる旨味を「土用丑の日」にご家族皆で味わってみてはいかがでしょうか♪

商品詳細

シーフードランキング1位獲得!! (リアルタイムランキング)うなぎ屋たむろより 岐阜鰻たむろ極2尾


岐阜の行列が絶えないうなぎ屋さん「たむろ」より、本気で通販用の蒲焼を開発しました。あの岐阜鰻たむろの人気の味をご自宅でそのまま味わえる注目の商品です。

「岐阜鰻たむろ極」は熟練した職人の手によって、備長炭の強力な炭火によって1匹1匹丁寧に焼かれています。炭火の遠赤外線効果により、外はサクッと香ばしくで中はふんわり焼きあがっています。

さらに「岐阜鰻たむろ極」は2016年モンドセレクション金賞を受賞、国内のみならず、そのこだわりの味は世界にも認められました。

「岐阜鰻たむろ極」はギフトとしても最適!世界にも認められた本物の味を大切に人に送ってみるのも、良いかもしれませんね。

商品詳細

迷ったらこれ! 浜名湖産・愛知一色産食べ比べセット




「う〜ん、一色産、浜名湖産どちらも美味しそうだから、迷っちゃう。。」そんな方におすすめなのがこちらの、浜名湖産・愛知一色産食べ比べセットです。実はこの浜名湖産・愛知一色産食べ比べセットは予算に応じて様々な種類があり、家庭用、ギフト用など用途によっても色々選べます。どちらが自分の口に合うか試してみたい方には便利な蒲焼セットですね。
詳細
浜名湖産・愛知一色産食べ比べセット

浜名湖産・愛知一色産食べ比べセット通販サイトはこちら


美食の殿堂 ぐるすぐりのおすすめ蒲焼

ぐるすぐり
ぐるすぐりは、目利きが選んだ日本全国の食品やレストランや逸品グルメを取り扱ったショッピングサイトです。特別なシーンに合った厳選された食品を紹介されているとあって、蒲焼も一味違った商品を取り扱っています。

土用丑の日とは??

スーパーのチラシやTVでよく耳にする「土用丑の日」って何でしょうか?なぜ土用丑の日はうなぎを食べるのでしょうか?そんな素朴な疑問を少し探ってみました。

土用丑の日とは

土用の丑の日(どようのうしのひ)は、土用の間のうち十二支が丑の日である。
(wikipedia引用)

?? これでは、ちょっとわからなかったのでさらに「土用」という言葉に絞って調べてみると

土用(どよう)とは、五行に由来する暦の雑節である。 1年のうち不連続な4つの期間で、四立(立夏・立秋・立冬・立春)の直前約18日間ずつである。 俗には、夏の土用(立秋直前)を指すことが多く、夏の土用の丑の日には鰻を食べる習慣がある。
(wikipedia引用)

俗に立秋直前を指すということなので、、、、ずばり2017年の土用丑の日は!

7月25日 8月6日と言われています。

なぜ土用の丑の日はうなぎを食べるのか?

うなぎを食べる習慣には諸説あり、讃岐国出身の平賀源内説が発案されたと言う話が一番よく知られているそうです。

平賀源内説以下抜粋

夏に売れない鰻を何とか売るため源内の元に相談に赴いた。源内は、「本日丑の日」と書いて店先に貼ることを勧めた。すると、その鰻屋は大変繁盛した。その後、他の鰻屋もそれを真似るようになり、土用の丑の日に鰻を食べる風習が定着した」というもの。(wikipedia引用)

主に商売目的で始めたのきっかっけと言われていますが、昨今では日本の食文化と定着し、土用丑の日と聞けばうなぎを連想する人も多いのではないでしょうか。
うなぎを食べながら、「もうこんな時期なのか〜」としみじみと季節を感じる。そんな、いかにも日本人らしい味のある食文化を今年も味わってみてはいかがでしょうか♪