すき家の「牛丼の具 お茶わんサイズ」を食べてみた感想

今回ご紹介するのは、すき家の「牛丼の具 お茶わんサイズ」です。自宅で簡単調理で楽しめる冷凍牛丼の具。その数ある冷凍牛丼の具の中でも、すき家の「牛丼の具 お茶わんサイズ」はトップクラスの人気と売り上げを誇っています。そんなすき家の「牛丼の具 お茶わんサイズ」を実食した感想をまとめてみましたので是非ご覧になってみてください。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

商品スペック

販売者は株式会社トロナジャパン、総量210g、70gの冷凍牛丼の具が3袋入っています。

ちなみに私がスーパーで買った時の価格は、税込429円でした

1袋(70g)あたり(推定値)
エネルギー101kcal
たんぱく質6.9g
脂質6.4g
炭水化物4.0g
ナトリウム
食塩相当量1.2g

 

含まれるアレルギー物質

 

小麦、牛肉、大豆、りんご、ゼラチン
以上のアレルギー物質が含まれていますのでご注意ください。

調理方法

すき家の冷凍牛丼の具の調理方法は電子レンジと湯せんどちらでも調理可能なのですが、調理する前に、ご飯を用意しておきましょう

電子レンジ調理の場合

凍ったままの冷凍牛丼の具を外袋から出します。うち袋に入った冷凍牛丼の具は開封せずに耐熱皿に乗せて電子レンジでチンします。

電子レンジ調理時間/1袋500w600w
約1分40秒約1分20秒

加熱し終わったら、袋がしぼんだのを確認してお皿に乗せたまま取り出します。袋を開封する時は蒸気口を上にして切り口を開封して、ご飯にかけます。

湯せんで調理する場合

鍋などで沸騰させたお湯に、凍った牛丼の具を袋のまま入れます。加熱時間は約2分です。絶対にフタをせずに加熱してくださいね!絶対です!加熱し終わったら開封してご飯にかけて出来上がりです。

すき家の味そのまま!女性や年配の方でも、ちょうど良いサイズ

すき家の特製のタレで染み込んだ牛肉がとてもジューシー。牛肉の旨味を引き立てる、甘い玉ねぎが良い仕事してます。ツユも結構あって、お茶碗サイズならツユダクにできますね。

ご飯をお茶わんに大盛り入れると牛丼の具があふれるので、ご飯は軽めに入れたほうが良いかもです。

今回ご紹介した、すき家の「牛丼の具 お茶わんサイズ」はいかがだったでしょうか?がっつり食べられるサイズではありませんが、少しだけ味わいたい方や、小さなお子様、女性、年配の方には、おすすめのサイズかと思います。私はスーパーで買いましたが、通販でも扱っています。

気になった方はチェックしてみてくださいね。