料理が苦手でも美味しく栄養価の高い肉料理を簡単に作る調理法とは

料理は得意じゃないけど、レスランのような肉料理には憧れる!作ってみたい!そんな方の為に料理が苦手でも美味しく栄養価の高い肉料理を簡単に作るおすすめの調理法をご紹介します。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

美味しく調理するために肉汁の流出を最小限にする


ステーキなどに使用されるお肉を理想的な状態に焼き上げるためには、旨味成分である、肉汁流出を最小限に留めることが重要となります。

しかし調理の過程で肉を加熱すると、肉に含まれるタンパク質が50℃辺りから変化を起こし、70℃を超える辺りには固く縮んでほとんどの肉汁を失ってしまうと言われています。

既にご存知な方もいるかと思いますが、昨今この肉汁の流出を防ぐために「低温調理」が有効的だと言われています。要はお肉を理想的な状態に仕上げる為に「低温調理」の実践がおすすめなんです。

プロも実践する低温調理

一般的な肉や魚の調理方法はフライパンで焼いたり、鍋で沸騰させたりと高温状態で調理しています。しかし、低温調理は比較的に低い温度で時間をかけて調理します。

ざっくり言うと、焼きすぎなければ大丈夫なんだよねって感じですが、そんな50℃とか70℃とかコントロールできるんでしょうか??しかも、フライパンは270℃くらいまで温度上がるし、湯せんでも沸騰したら約100℃はいくでしょ。。どうしたら良いのでしょうか。。

意図的に温度帯を55℃〜58℃辺りを狙うのが低温調理なんです。

低温調理のために調理器具を利用しましょう


意図的に温度帯を狙うってどうしたら良いのでしょうか?これは、普通に家庭用のフライパンや鍋では至難の技なので低温調理専用の調理器具を使用して解決させましょう

ステーキを低温調理で仕上げる場合の流れ

①肉を常温に戻す
②肉をフリーザバッグに入れ低温調理専用の調理器の湯せんに入れ低温調理する
③低温調理が終わった肉をフライパンで焼き色をつける
④調味料で味を整えたり、好みの大きさにカットしたら出来上がり。

肉を常温に戻してから一気にフライパンで焼き上げるのではなく、肉を常温に戻したら一旦、任意の調理温度が設定出来る調理器の湯せんに入れてからフライパンで焼き上げるのです。

低温調理で旨味成分である肉汁の流出を最大限に防ぎ、絶妙な焼き加減で仕上がったステーキを堪能することができるのです。

もし食材が冷凍されている状態なら上手に解凍してから

もし低温調理したいお肉が冷凍された状態であれば、まずは上手に解凍しましょう。

冷凍されたお肉は冷蔵庫内の低温解凍がおすすめです。

低温解凍とは冷凍肉を解凍する際、周囲の環境を一定の低温を保ち、じっくり解凍する方法です。低温解凍は冷凍肉を解凍させる時に発生するの旨みのドリップの量を軽減させ、肉質の劣化防ぎ安全に解凍させる方法と言われています。

安全に低温調理を楽しむ

お取り寄せした肉や魚を美味しく調理する方法「低温調理」について簡単にご紹介してみましたがいかがだったでしょうか?プロの調理テクニックとして知られた「低温調理」将来的には一般的調理方法として広く伝わる気配は十分ありそうです。

最近では低温調理に関する調理器も充実しつつあるので、興味のある方は調理器もチェックして知識を広げてみると面白いかもしれませんね♪

低温調理はメリットだけでなく加熱不足からくる食中毒と言うリスクも潜んでいます。「低温調理」を安全に行う為に、必ず食中毒に関する正しい知識を学んでから実践してみてください。

SNS・テレビ・雑誌で話題!【低温調理器BONIQ】(ボニーク)


誰でも簡単に狙った温度で調理できる【低温調理器BONIQ】(ボニーク)。

一般的な調理器具では至難の技である温度調整もBONIQを使えば0.5℃単位で任意の調理温度が設定出来ます。例えば「58.5℃で調理する」という細かい設定も可能です。

ボニークが選ばれる理由


・省スペース

BONIQはキッチンツールスタンドにポンッと置く事ができ、狭いキッチンでもスッキリ収納する事が可能です。

・スッキリしたデザイン

日本人に好まれやすい曲線を上手に使ったスッキリとしたデザインを採用。質感を高める為に高級感のあるラバーコーティングを施し触り心地にもこだわりました。

・簡単操作

ボニークには3つしかボタンがありません。ディスプレに表示される文字も大きく、「温度」と「時間」を設定したら「スタート」ボタンを押すだけなので誰でも簡単に操作可能です。

・圧倒的レシピ数

ただのブームで終わらせないためにBONIQ公式サイトでは常に新しいレシピを提案しています。(200レシピを超え、月間22万アクセスを超える人気サイトです)

・日本初の専門ブランド

2017年4月まだ日本に存在しなかった低温調理器ブランドとしてクラウドファンディングから、多くの方々の応援によりBONIQはスタートし1年余りで1万5千台もの購入実績を持ちます。

公式サイト
低温調理器 普及キャンペーン by BONIQ