セブンプレミアムの「脂の甘みがおいしい牛ホルモン焼」を食べた感想

今回ご紹介する冷凍食品はセブンプレミアムの「脂の甘みがおいしい牛ホルモン焼」です。実際に調理して食べてみた感想をまとめてみましたので気になっている方は是非参考にしてみてください。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

商品スペック

「脂の甘みがおいしい牛ホルモン焼」の内容量は110g、ホルモンには牛小腸(アメリカ産)を使用しており価格は268円(税込289.44円)となっています。

ホルモンとは??
ホルモンの名前の由来は様々ありますが、今回使用しているのは小腸ということでお肉屋さんなどでは一般的に「マルチョウ」と呼ばれる部位です。ホルモンは肉の中でも副産物である内臓のことを呼び、一昔前では関西を中心に流通していました。現在では焼肉の定番とし、ビタミン、ミネラルなどを豊富に含むお肉として全国で親しまれています。

栄養成分

 

1パック110gあたり(推定値)
エネルギー302kcal
たんぱく質12.9g
脂質22.7g
炭水化物12.1g

糖質11.1g

食物繊維1.0g

ナトリウム
食塩相当量1.9g

いくらかアレルギー物質も含まれていますの購入の際はご注意ください。

調理方法

「脂の甘みがおいしい牛ホルモン焼」は電子レンジ調理できます。まず最初にパッケージの端にあるフタを点線まであけます。あとは電子レンジの出力に応じて時間をセットして、容器のまま加熱したら出来上がりです!簡全体をよく混ぜてから食べてくださいね♩

500w600w
約2分10秒約1分40秒
・破裂の原因となるので必ずフタをあけてから調理してください。また調理後、冷たいと感じたら10秒ずつ加熱、加熱後は熱くなっているのでやけどに注意してくださいね。

セブンプレミアムの「脂の甘みがおいしい牛ホルモン焼」を食べた感想 まとめ

レンジでチンしたら香ばしそうなホルモン焼きの完成!お肉を焼いて気になるニオイもなく、そのまま容器で食べることができる簡単スマートな冷凍食品ですね。

弾力性のあるホルモンにはしっかりと特製タレの旨味と甘みが詰まっており、美味しさと同時にコリコリとした食感を楽しむことができました。おつまみはもちろんタレの旨味はご飯との相性も良さそうです。少しホルモンが苦手な方でもホルモン独特のクセのある味わいも控え目なので、これなら(もしかしたらです。。)美味しく食べることが出来るかもしれませんね。

実際に焼いて調理するとなると少し面倒でニオイも気になるホルモン焼。でも、このタイプならサッと美味しいホルモン焼を自宅で楽しめそうです♩

今回ご紹介したセブンプレミアムの「脂の甘みがおいしい牛ホルモン焼」はいかがだったでしょうか?気になった方はお近くのセブンイレブンでチェックしてみてくださいね。